2017年09月11日

出会い時まで、花の初綻様子

浮世のさすらい、愛し合うことができないのは一生を添い遂げるしていない。「歳月のページを越えようにそこに、蓮の考え事が散って窓の外烟波清韵に雨に菲菲、風に舞い。この数年の中で、総たい君ともう一度に重なり、あなたを見てみて今の姿に、あなたを聞いて細い音の談笑……あなたの生活は、あなたの生活は、私はあなたの生活を騒がせすることはできません。願いだけ君と絆の時間の中であなたを懐かしむ、通りの窓の朦雨を持って、1部の楽しみと静けさ。君は人生の中で祝福して、あなたは人生の道でいっしょに美しい景色を見ることを望み、1路のかぐわしいを踏んだ。読みあなたの回廊を考えて、行の姿をかこつけ心の鼓動、ごとに1つの想いの日、優しさが溢れ、待ち望んで君と共に脈動時んじゃ、その時は、深い婉曲。
私は知っていても、低眉か、頭を上げて、暇さえあれば心、心からあなたの朦小雨、この雨は持っている優しさ、浸潤心の隅々までは、歳月のそれを乾かす風、さわやかに舞う長い想い坑道で、深く痕跡を殘して。
おぼろの雨、ちくちくと絶えずに、清新に穏やかで、ちらちら翻って、江南揚揚が心の中では、婉寂1粒のせわしく動く不安の心、君の目に涙が再び回る隠忍。どんなにもう一度君に告白する、そしてあなたの手を引っ張って、キャンパスの道を歩いて、あなたを見て、赤みの顔は、あなたの心の声を聴いてどきどきに跳ぶ、角のところでキスをして一度、ヒラヒラ、情醉、心酔する……
いくら歳月の流れ简静と平然として、私は心の中が依然として守り抜き、出会い時まで、花の初綻様子、あなたへの気持ちに目尻眉尻の微笑みで。



Posted by beatrice  at 13:03 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。